投稿

気管支喘息と漢方薬

秋分が過ぎ10月8日は寒露。朝夕が肌寒くなりました。65歳以上のかたのインフルエンザの予防接種も10月1日から始まります。そろそろ風邪がはやり始める時期です。特に今年は新型コロナウイルス感染症にも注意が必要です。この時期にアレルギー体質の人が風邪をひくと咳が止まらなくなったり、喘息もちの人は喘息が悪化しがちになります。 気管支喘息の治療はガイドラインに従って治療します。基本は炎症を抑えるために吸入ステロイドを用います。さらに気管支を開くテオフィリン製剤、アレルギー反応を抑えるロイコトリエン受容体拮抗薬など、さらに重症の場合は交感神経作動薬入りステロイド吸入、経口ステロイドなどを併用します。 漢方薬で治療する喘息は軽症のものが主となります。その場合でも多くの場合は吸入ステロイドを併用します。実際の治療は患者さんを症状や漢方的診察で肝‣心(心包)・脾・肺‣腎の五つのグループ(五蔵)に分類します。漢方薬処方としては、腎の働きを調整する五虎湯(ごことう)、神秘湯(しんぴとう)苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)など、脾の働きを調整する麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)喘四君子湯(ぜんしくんしとう)など、心(心包)の働きを調整する小青竜湯しょうせいりゅうとう)柴朴湯(さいぼくとう)を用います。漢方薬は一見対症療法に見えますが経脈(けいみゃく)というネットワークを通じて五臓の働きを調整し、全身状態を改善するため病気を起こりにくくします。    次回は11月末に更新します

頭痛と漢方薬

頭痛は頭の中(腦脊髄)や外(顔面、頭頚部筋肉皮膚)に加えられた刺激が大脳皮質に伝えられて起こります。外傷がないかどうかを先ず調べ、なければ1次性頭痛(原因不明)、2次性頭痛(頭蓋内、顔面、全身の病気など原因がはっきりしているものによる)に分けて治療します。 1次性頭痛は、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛に分けられます。漢方薬はそのうち、片頭痛、緊張性頭痛に効果があります。片頭痛は多くは片側に起こり、痛みは拍動性でアルコール、チョコレート、赤ワインなどが誘引となることがあります。吐き気や光がまぶしかったり、ギザギザの光を感じる前駆症があったりします。神経伝達物質のセロトニンが関係しているので、セロトニン受容体作用薬のスマトリプタンを内服するのが標準です。鎮痛剤も兼用します。漢方薬では呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を使います、吐き気には二陳湯(にちんとう)小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)、むくみあれば五苓散(ごれいさん)を併用します。 緊張型頭痛は頭両側の圧迫、締め付けられる感じの頭痛でストレスが基本にあることがほとんどです。鎮痛剤(ジクロフェナックNa,アセトアミノフェンなど)を使います。スマトリプタンを併用することもあります。漢方薬では葛根湯(かっこんとう)葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)を使います。ストレスの関与が多ければ抑肝散(よくかんさん)、女性で更年期症状があれば桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)なども併用します。群発頭痛は片側で眼の周囲こめかみのあたりを中心に激しく爆発的な痛みを生じます。たばこ、アルコールなどが引き金になることがあります。酸素吸入やスマトリプタンで治療します。漢方薬では急性期には呉茱萸湯、五苓散を、慢性期には清上けん痛湯(せいじょうけんつうとう)などを使いますが、漢方薬のみでは十分な効果が得られず、スマトリプタン、鎮痛剤を併用することがほとんどです。2次性頭痛はそれぞれの原因に対する治療を行います。 頻度は少ないですが脳血管疾患、脳内感染症、脳腫瘍、緑内障、側頭動脈炎の症状として頭痛が出ることがあります。これらの疾患はすぐに治療する必要があります。頭痛で今までと違う痛みや強さのときは自己判断せず、医療機関にかかることが大切です。 (頭痛の原因分類については問題解決型救急初期診療第2版 田中和豊著を参考にしました)��…

動悸と漢方薬

緊張したり、不安になったりで動悸を感じることがあります。新型コロナウイルスが広まってから動悸を訴える人が増えています。心理的な要因だけでなく、様々な病気により動悸は起こります。 動悸は一過性のものと持続性のものに分けます。持続性のものは多くの場合、心房粗動、心房細動、発作性上室性不整脈によるもので、循環器科でその他の原因も含めてしっかり診断治療する必要があります。一過性ものは、心臓、肺、消化管、血液、内分泌などの基礎疾患によるもの、薬物、アレルギー、感染症によるもの、精神心理的なものがあります。夏の暑い時期は脱水によるにも注意します。それぞれの基礎疾患を治療することが大切です。  漢方では衝逆(エネルギーの流れが上方につきあがってくるの)を抑える桂枝(シナモン)の入った処方を用います。私が多く使うのは桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)です。他にも柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)などを症状と体質をみて処方します。体が弱っているときは朝鮮人参や地黄・麦門冬のはいった炙甘草湯(しゃかんぞうとう)も使います。漢方薬は一見、対症療法に見えますが経脈(けいみゃく)という体のネットワークを通して働きますので、原因療法にもなります。中等度以上の基礎疾患は西洋薬と併用することが必要です。 (動悸の原因については問題解決型救急初期診療第2版 田中和豊著を参考にしました) 次回は8月17日頃の更新予定です

新型コロナウイルスについて(厚労省の情報、漢方治療の私見)

新型コロナウイルス感染症がとまりません。 厚生労働省ホームページに詳しい情報があります。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html これまでの厚労省の情報をまとめますと ●普段の生活で注意することとして  ①正しい手洗い(とくに帰宅後、食事の前)②毎日の健康管理(十分な睡眠、バランスのよい即時)③適度の換気 ④咳エチケット(ハンカチ、マスク) 手作りマスクの作り方ものっています ●集団感染を避けるために3密(①換気の悪い密閉空間、②多数が集まる密集場所、③間近で会話や発生をする密接場面)を避けることを勧めています 発熱などの風邪症状が見られるときは学校や会社を休み外出を控える 発熱などの風邪症呪が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく ●以下のいずれかに該当する方合は帰国者・接触者相談センターに相談します 風邪の症状や37,5度以上の発熱が4日以上続く時 強いだるさや息苦しさがあるとき 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある方民亦抑制剤や抗がん剤を用いている方は2日以上の症状が続く場合
漢方薬の治験は徐々に出ていますがまだ特効薬の情報はありません。 インフルエンザの場合は初期には麻黄が入った麻黄湯(まおうとう)、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)など、こじれた場合柴胡の入った小柴胡湯(しょうさいことう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)など、大黄の入った調胃承気湯(ちょういじょうきとう)など、咳が続く場合、麦門冬湯(ばくもんどうとう)、柴朴湯(さいぼくとう)などを使うことが多いですが、新型コロナウイルスに対しては別の対応が必要かと思います。現在検討中です。初期から柴胡の入った、柴胡桂枝湯、小柴胡湯などや、麻黄と石膏の入った、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)などを用いる機会が多いかと推測します。 次回は5月10日くらいに更新予定です

花粉症の薬(虚実をふまえて)

スギ花粉症はスギの花粉に暴露し続けている間に鼻の粘膜の中にあるアレルギーの細胞である肥満細胞にスギの抗体が結合し反応を起こして起こります。 肥満細胞から放出されたヒスタミンは、くしゃみ、鼻水や涙の分泌の増加、鼻づまり、眼の違和感かゆみなどを起こし、全身症状として口の渇き、喉の違和感皮膚のかゆみなどを起こします。
 症状に対して、内服薬、点眼点鼻薬、鼻粘膜への手術療法、根治療法としてスギ花粉の除去と回避、減感作療法(舌下免疫療法など)が行われます。漢方薬も有効です。  漢方の考え方に虚実という考え方があります、感冒やスギ花粉症などのように局所が中心で発症が急激な病気の場合は、炎症が激しく症状も強い場合を(じつ)、炎症はマイルドで症状も強くはないがさっぱりしない感じを(きょ)ととらえます。専門的には「実」は気血の流れが欝滞している状態、「虚」は足りない状態です。虚となるか実になるかは、花粉の量、体質、そのときの体調できまり、一定の傾向はありますが、反応はさまざまです。実の場合は欝滞を解消する薬(瀉の治療法の薬),虚の場合は補ってバランスをとる薬(補の治療薬)を用います。具体的には実を治す薬(瀉の薬)として葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、虚を治す薬(補の薬)として麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が用いられることが多いと思います。この3つの処方には麻黄(まおう)という生薬がはいっているため、これらの薬が胃に応える場合があります。その際は虚に使う薬ですが、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)、甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう)が用いられます。             次回は3月30日更新の予定です。

インフルエンザと漢方薬

インフルエンザの流行期になりました。インフルエンザは喉の痛み、鼻水、などの風邪症状にくわえて、高熱、関節痛、食欲不振、倦怠感などの全身症状を伴います。  診断のために鼻やのどの粘液をとって調べる検査が行われます。検査や症状でインフルエンザと診断され、発症後48時間以内の場合、抗ウイルス剤を服用したり、吸入したり、点滴すると効果があります。基本として水分を十分に補給し安静にして休養をとりましょう。  漢方薬も効果があります。麻黄湯(まおうとう)竹じょ温胆湯(ちくじょうんたんとう)に保険診療の適応があります。感冒薬として用いられる香蘇散(こうそさん)、銀翹散(ぎんぎょうさん)、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)なども用いられます。体力の落ちている場合は、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)真武湯(しんぶとう)などが使われることもあります。  インフルエンザの予防方法として①流行前のワクチン接種 ②外出後の手洗い等 ③適度な湿度(50-60%) ④十分な休養とバランスの取れた栄養摂取 ⑤人込みや繁華街への外出を控える。が厚労省のホームページで勧められています。 咳エチケットとしてマスク、日ごろの生活として禁煙、口腔内をきれいに保つことも大切です。       次回は12月15日ごろの更新予定です

肩こりと漢方薬

厚生労働省の国民健康基礎調査(2013年)では肩こりは有訴率で女性の1位、男性の3位となっています。患者さんにお話を詳しく聞くと多くのかたが肩が凝っていると訴えておられます。 さまざまな原因が肩こりを起こします。まず、クモ膜出血、心筋梗塞、胆嚢疾患、呼吸器疾患、リウマチ性多発筋痛症などがないかどうかを診察します。 更に頚椎の異常などによる痛み痺れなどを調べ、ない場合は頚部周りの筋肉の異常と診断します。症状により筋肉を緩めたり、痛みを止めるための注射、内服薬を処方します。ハップ剤を使うこともあります。 漢方薬では首筋の緊張を目標に葛根湯(かっこんとう)、葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)などを処方することが多いです。女性の場合は女性ホルモンのアンバランスから起こることも多く、その場合は更年期症候群や、月経関連障害に頻用される当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを処方します。 次回は11月15日頃の更新予定です